【主催事務局】
埼玉医科大学 小児科学教室
〒350-0495
埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38
TEL.049-276-1218

【運営事務局】
株式会社コンベンション・ラボ
〒252-0143
神奈川県相模原市緑区
橋本6-4-12吉川ビル4F
TEL.042-707-7275
FAX.042-707-7276
E-mail:jsimd59@conventionlab.net

会長挨拶

第59回 日本先天代謝異常学会総会
第15回 アジア先天代謝異常症シンポジウム
会長:大竹 明
埼玉医科大学病院 小児科
埼玉医科大学病院 難病センター

 この度、第59回日本先天代謝異常学会・第15回アジア先天代謝異常症シンポジウムを2017年10月12日(木)~14日(土)の3日間、埼玉県川越市のウェスタ川越で開催することになりました。1965(昭和40)年に大阪市立大学の高井俊夫先生の第1回小児代謝研究会に始まる歴史ある本学会を開催させていただきますことを、誠に光栄に存じます。

 本学会のテーマは、“臨床から基礎へ、そして基礎から臨床へ”とし、このテーマに沿い、臨床医学から出発し成果を挙げた基礎医学研究、および基礎医学研究の成果をもとに患者応用の進められている臨床医学研究の両面の企画を考えました。前者ではシトリン欠損症など日本発の世界的研究を、後者では遺伝子治療や私自身の関わっております治験研究を中心に“基礎研究の成果を臨床に生かすためにいかに「死の谷」を乗り越えるか”にスポットを当てました。その他、ノーベル賞受賞に因んだオートファジー、ミトコンドリア病関係の企画を組み、内容が豊富すぎて消化不良にならないかが心配です。

 川越は小江戸とも呼ばれ江戸時代の情緒を色濃く残す街です。ちょうど10月14日(土)からは伝統ある“川越まつり< http://www.kawagoematsuri.jp/index.html >”も開かれますので、学会終了後には是非情緒あるまつりと街並みを楽しんでお帰り下さい。

 最後になりましたが、本学会には600名を超える参加者が見込まれております。年配の医師・研究者の先生方におかれましては、一人でも多くの若手を引き連れてのご参加を、心よりお待ち申し上げております。


2017年 2月吉日

【主催事務局】
埼玉医科大学 小児科学教室
〒350-0495
埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38
TEL.049-276-1218

【運営事務局】
株式会社コンベンション・ラボ
〒252-0143
神奈川県相模原市緑区
橋本6-4-12吉川ビル4F
TEL.042-707-7275
FAX.042-707-7276
E-mail:jsimd59@conventionlab.net